FC2ブログ

最近のかかり釣り事情。

正確には2004年の5月から釣りをやめていて、2014年の8月に10年ぶりに再開しました。
その間は自転車(ロード)とたまにゴルフをやっていました。
2016年は2回ほど自転車仲間に釣りを教えてほしいと言われ行っただけでした。
その時は三重の畔蛸に10年ぶりに行きました。

よく行っているときに一番良い思いをさせてもらったのが畔蛸だったので再開するなら畔蛸と決めてたからです。
10年ぶりに行った畔蛸の船長は前のままの気さくな良い兄ちゃんでした。

でも、10年前に比べると客数も減り、当時良い思いをさせてもらったカセもなかったんです。
私は筏も好きですがカセの釣りの方が好みなのでちょっとショックでした。
091300023.jpg
写真は2004の畔蛸カセでの釣果です。

それから2年が経ち今年の4月から本格的に再開しました。

ネット動画で色々とかかり釣りの動画を検索して観ました。
懐かしい方々のお顔もありました。
かかり釣り難民になってた私はここ数か月たくさんの動画を観ました。

釣り方などは10年前とさほど変わってはいませんでしたが、渡船屋さんの全盛期とはちょっと違う感じに驚いていました。

まだ3軒ほどの船頭さんの話しか聞いてませんが、どの船頭さんも「お客さんが減った」と言っておられました。
私が良く行ってた頃は平日でもいっぱいの釣り客がいたのですが…

ただ、どの船頭さんも元気で営業されていたのが嬉しかったです!
名前も憶えてくださってましたし、職業までも憶えてくれてたのが嬉しかった~

以前のように毎週釣りに行くってのは無理ですが、出来る限り行ってみたいと思います。
スポンサーサイト



竿を考える(穂先編)

チヌのかかり釣りをするうえで一番気にするのが穂先ではないでしょうか?
何を基準に皆さんは穂先をえらぶんでしょう~
敏感な感度、潮の速さ、水深 etc
自分の釣技に合わせて選ぶ人も多いでしょうね。
hosaki.jpg

私は前回書いたように竿は自作ですので、当然穂先も自分で削ります。
ただ30年以上竿作りをやってきましたが、気に入った穂先が作れたのは数十本です。
機械で削るように毎回同じに削るのは至難の業です(笑)
もちろんゲージなるものを自分で作ってはいますが…

ただ、長年この釣りをやってきて一つの答えにたどり着きました。
よほどのがちがちに硬い穂先でない限りチヌのあたりはわかるということです。
絵にかいたように前あたりがあり次に本あたりなんていうことは少ないと思います。
餌取りのようなあたりもあれば、ひったくって行くようなあたりもあります。
ただ一つ言えることは、その穂先に慣れるということではないでしょうか。

「そんなんだからお前は釣れないねん」とおしかりを受けるかもしれませんが、
あくまでも私の考えなのでお許しを(^_^;)
プロフィール

カンチャ(一竿)

Author:カンチャ(一竿)
自転車、ゴルフ、釣りetc…

ほんまにやりたいことが多すぎる~
そんな50歳代のおっさんブログです(笑)

クリックしてね!!
ご覧くださってありがとうございます。
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク